便利な表現 英語でどう言うの??

アメリカでお買い物 − 洋服のサイズを聞くには?

更新日:

sizes

Hello ! Toshimiです!
今日は私が実際にアメリカで経験したmistakeシリーズでお届けします 🙂

それは買い物に行った時のことでした・・・
アメリカンサイズの洋服は自分にフィットするか不安なので試着したいですよね。
さて、そんなとき皆さんは自分のサイズを英語できちんと伝えられますか?

日本では一般的にS,M,Lのサイズをエス・エム・エルと言いますよね。

Do you have S size? Sサイズはありますか?

と店員さんに聞いても全然伝わらず、しぶしぶあきらめた苦い思い出があります。
海外でこんな経験をした方、きっと少なくないはずです・・・
正解はこうでした↓↓↓

Do you have a small?
S=small
M=medium
L=large

と、略さずにそのまま伝えていたらあの時私は自分のサイズが買えてたかもしれませんね・・・!

ちなみにもっと小さい/大きいサイズはこう伝えます。

XS=extra small
XL=extra large
さて余談ですが、みなさん petite/plus ってご存知でしたか?

petite/plusというのはセクションのことで、
petiteセクションは体型が小柄な方むけのもの
plusセクションは体型が大柄な方むけのもの

ということで分かれているそうです。
なぜなら skinny とfat だなんてデリカシーのない分け方できないからだそうです。(笑)

覚えていたら便利ですね!
海外に行ったら恥ずかしがらずに店員さんに自分のサイズを確認してみたり、
在庫をきいてみたり、試着していいか確認してくださいね!

洋服を買うときに使えそうなフレーズを紹介します。

Can I try this on?   これ試着できますか?
Where is the fitting room?  フィッティングルームはどこですか?
Do you have this in any other colors? これの違う色はありますか?

Toshimi

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

-便利な表現, 英語でどう言うの??

Copyright© 仙台の英会話イノセンスプラス |長町|上杉|勾当台 , 2018 AllRights Reserved.