イノセンスプラス長町、勾当台・北四番丁校のウェブサイトはこちら

レッスン中やめたほうがいいこと

今日は講師から生徒の皆様へアドバイスです。

例えばテキストブックの問題で、「文章を読んで、登場人物がなにをしたか質問に答えましょう」

というような問題があります。

残念なことに、テキストから答えになりそうな文をコピーして答えてしまう方が多いです。

結果、答えはあっていますが不自然な回答になってしまっています。

例えば、

以下の文を読んで質問に答えて下さい。

「太郎くんは10年間英語を勉強し、アメリカの大学を卒業後、外資系の銀行で働いています。」

質問 太郎くんはどんな職業についていますか?

この回答として、

「太郎くんは10年間英語を勉強し、アメリカの大学を卒業後、外資系の銀行で働いています。」

と答える方が多いのです。

間違えではないですが、聞かれたことに対し余計な情報が多すぎます。

何より、文章をそのままコピーしてしまうのは会話をする上でも不自然です。

彼は(外資系の)銀行で働いています。

これだけで十分です。

特に主語(太郎くん)は繰り返すととても違和感があります。「彼は(He)」に置き換えたほうがよいでしょう。

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。