学習方法について

発音に自信がない…私が子どもに英語を教えていいの?

更新日:

food-outside-backyard-3195725-h

最近立て続けにKidsクラスの保護者さまから出た質問です

 

お家で子どもたちと英語を学習する際に、真面目なお母様ほど、

「私の発音で会話の練習をしたら悪影響が…」

という不安を抱えてしまうようです。

 

結論から言いますと、「全く問題ありません!」

スクールではむしろたくさん話しかけていただくようオススメしています。

特にレッスンで習った内容は翌週までに忘れないようお家で練習して下さい。

あとからいくらでもネイティブの講師が発音を直せます。

 

会話を覚えるまでを「料理」に例えると、

単語を覚えるのが、料理の材料をそろえている段階です

正しい発音は、材料の品質です(新鮮な魚か?甘いイチゴか?など)

英語をすらすらと話せる状態は、レシピも見ず、計量カップも使わず料理ができる状態です。

 

「新鮮な材料の選び方、甘いイチゴの見分け方」というのは後から誰かに、教えてもらえばいいのです。

「新鮮な魚は目やエラを見よう」「甘いイチゴは色が濃いものを選ぼう」という情報です。

見分け方さえわかれば、次に材料を選ぶとき、良い物を選ぶことができます。

 

しかし、レシピ、大さじ、小さじも使わずに料理をするには「なれ」が必要です。これは練習しかありません。時には失敗しながら何回も何回も作るしかありません。

この練習には「食材の品質」は直接関係してきません。とにかく回数を繰り返すのが一番です。

この一番時間がかかる練習を保護者の方々に協力していただきたいのです。

 

最初の悩みを料理に言い換えると、

「私の発音で会話の練習をしたら悪影響が…」

「甘いイチゴを見分けられないから、ケーキを子どもと一緒に作る練習ができない…」

に近い感覚です。そんなことありませんよね。

最初は正しい発音を気にしすぎず、どんどん会話表現をお子様と練習して下さい!

美味しいケーキの作り方、甘いイチゴの見分け方は私たち講師に任せて下さい!

ケーキを作る練習はお母さんも一緒にお願いします!

 

仙台太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

-学習方法について
-, , , ,

Copyright© 仙台の英会話イノセンスプラス |長町|上杉|勾当台 , 2018 AllRights Reserved.