未分類

稲刈りも終わりましたね

投稿日:

tsukimi_jugoya

ターキーやパイを焼く、サンクスギビングのようなお祭りは日本には無いと思っていました。

先日のスーパームーンを観察して(皆さん見ましたか?)、日本では旧暦の8月15日の十五夜がそれに当たるとふと思いました。

昔は月見団子を作って、すすきを月の見える縁側などに飾りました。

家族で、秋に収穫されたばかりの食材を使った豪華な食事をし、その年の収穫を祝いました。

生きていくためには欠かせなかったお米の収穫後におこわなれましたね。

I’ve been thinking there is no festival like thanksgiving in Japan. But I just realized Otsukimi; Seeing the full moon on August fifteenth (the old time calendar) is similar to thanksgiving. In old time, people made piles of mochi balls and decorated their balconies with Susuki plants. They had a feast of seasonal foods with their family, being thankful for their plentiful fall crops. It is usually right after or during rice harvesting, an essential staple for old time Japanese people.

Shun

 

個人的にライティングの練習をしています。

ふと、お月見のことについて書いてみました。

英語でのライティングで気をつけていることがいくつかあります。

 

・同じ単語を何度も使わない
収穫を意味する、harvestはcrop、foodなどにも言い換えています。

goodやlikeなどのなじみの単語を何度も使ってしまう傾向があります。

 

・単数、複数形に注意する
日本語ではあまり気にしないので間違えやすいところです。

主語が、peopleなら可算名詞の目的語はほぼ複数形になります。

例えば以下の文章ですね。

people made piles of mochi balls and decorated their balconies with Susuki plants.

主語がpeopleなので、作る月見団子の山も複数あるので、piles(山々)になります。文中で主語のpeopleから離れた、balconies(縁側、バルコニー)も複数形にするのを忘れがちです。

 

・口語で使われる用語を避ける
例えば plenty of(豊富な)はplentiful(豊富な)に、put off(延期する)はpostpone(延期する)などライティング向きの単語を使います。これは日本語でも同じですね。

 

 

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

-未分類

Copyright© 仙台の英会話イノセンスプラス |長町|上杉|勾当台 , 2018 AllRights Reserved.