イノセンスプラス長町、勾当台・北四番丁校のウェブサイトはこちら

duringとwhileの使い分け

while

Hello! Toshimiです♪

みなさんは”during”と”while”の使い分けができていますか・・・?
辞書をひくと、
“during”は「〜の間に、〜の間中」
“while”は「〜している間」
と載っています。かなり近い意味ですね。
何回勉強しても、実際使い分けしようと思うと混乱してしまいますよね。
明確な違いは、こんな簡単なところにありました。
duringの後には 【名詞】がきます!
during the movie  映画を観ている間
during the concert コンサートの間
whileの後には 【主語+動詞】がきます!
while we were playing 私達が遊んでいた時(間に)
while I’m reading 私が読書をしている間
while I was in Tokyo 私が東京にいる間
(be動詞の場合は普通の文、一般動詞は進行形の形にします)
たとえば同じ意味の文章でも、whileとduringを使うとこのように変わります。
食事中はしゃべらなかった。
We didn’t speak during the meal.
We didn’t speak while we were eating.
違いがわかると面白いですね!
少しずつ意識して使ってみましょう!

Hello! Lauraです☆
ここからは上級者編です。
上で、whileの後には 【主語+動詞】がきます!とToshimi説明したのですが、例外的に【主語+動詞】が続かないことがあります。
例を見てみましょう。
上の例文
We didn’t speak while we were eating.
食事中はしゃべらなかった。
ですが、“We didn’t speak while eating.” のように、主語とbe動詞がよく省略されてしまいます。
注意したいのが、「省略できるのは、前半と後半の主語が同じ時だけ」ということです。
例えば、We didn’t speak while we were eating. は「私達が食事をしている間、私達はしゃべらなかった。」のように主語が同じです。この場合は”We didn’t speak while eating.” と省略できます。
逆に、
We didn’t speak while he was playing the piano.
彼がピアノを弾いている間、私達はしゃべらなかった。
この例文の場合、前後半の主語が違うのでwhileに続く「主語+be動詞」は省略できません。
仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。