イノセンスプラス長町、勾当台・北四番丁校のウェブサイトはこちら

幼児期の英語学習|保護者、親の影響

更新:2017年4月4日

 

子どもたちはお母さんお父さんをよく見ています

 

今日は、Kidsクラスの生徒さんを見て感じたことを書きます。

Kidsクラスに参加している生徒さんは、英語の経験も、覚える早さも、性格も様々です。

 

ただ一つ共通しているのは、みんな

お母さん、お父さんのことをよく見ているんだな~

ということです。

 

スクールの中では、保護者の方にも、生徒さんと同じように知っている限りの単語を使って、なるべく英語で話してもらうようにしています。

英語で話しかけたり、質問をしてくれるお母さんのお子さんほど、どんどんレッスンの内容を吸収していくのがわかります。

こんな話をするとプレッシャーに感じてしまうかもしれませんが、本当に簡単な単語の組み合わせだけでいいのです。

お母さんが英語で、外国人と話してる!

って、お子さんにとっては、強く強く記憶に残る場面だと思うのです。

もちろん、その記憶は、お子さんの英語に対する考え、関わり方に良い影響を与えます。

 

うまく話せなくても全く問題ありません。

スラスラ話すことより、「頑張って英語を使おう」という思いが大切です。

 

ぜひ、お子さんの前で、Englishコーチ(Laura、Gunther、Mike、Tim、Jacqueline)、日本人スタッフに英語で話しかけて下さい。

私たちも、皆さんが話しやすい環境を作ります。

 スクール内で使える英語表現をまとめた表もございます!ぜひご利用下さい。

Can I have a Classroom Expressions paper?

と気軽に聞いて下さい!
長町の英会話 Innocence Plus English School

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。