間違えやすい英語

Happy New Year と言わないで!

更新日:

websiteを引っ越しして最初の投稿です。(旧ブログの昔の記事から少しずつ紹介していきます)

 

クリスマスも終わり、今年も残りわずかです。

今日は新年の挨拶について書きます。

日本で新年によく使われる挨拶、

「明けましておめでとうございます」

は年が明けて、初めて会うときの挨拶によく使いますね。

(通常年明け1~2週間ぐらいまででしょうか?)

 

この流れで、日本人が新年に英語であいさつするときは、

"Happy new year!"と言う方がほとんどです。

ただ、英語圏の人は

"Happy new year!"

を新しい年が来た瞬間(夜12時)に使います。

1月1日の朝ではもう"Happy new year !"と言うには遅すぎます。

英語で"Happy new year!"と言えるのは、一緒に年越しをしている相手にだけです。

 

※ちなみにLauraはアメリカで毎年、年越しと同時に、花火を上げたり、フライパンを木製のスプーンでたたいてお祝いしたそうです。(木製のスプーンが壊れるまで…)

英語圏の人に年明け会うときは"Happy new year!"と言わないようにしましょう!

でも新年最初に会ったとき、英語では特別なあいさつがあるんでしょうか?

新年の挨拶としては

Did you have a nice Christmas?

Did you have a good new year?

etc.

など、年末年始、休暇をどう過ごしたか聞くのが一般的です。

ここから、年明け最初の会話を弾ませます。

仙台長町の英会話イノセンスプラス

-間違えやすい英語

Copyright© 仙台の英会話イノセンスプラス |長町|上杉|勾当台 , 2018 AllRights Reserved.