イノセンスプラス長町、勾当台・北四番丁校のウェブサイトはこちら

お菓子「コーナー」- 間違えている英語

※以前のサイトの記事から再度掲載です。

 

「コーナー」という表現についてです。

 

コーナーキック、

コーナーを曲がる、

ドリンクコーナー、

カフェコーナー、

 

などなど普段からよく聞く「コーナー」という単語です。

 

高速道路のサービスエリアではレストコーナーなんて表現も見ました。

 

この「コーナー」は英語では”corner”です。

 

実は、上にあげた例の中で、ネイティブから見ると変な”corner”の使い方があります。

 

 

どれでしょう??

 

わかりましたか?

 

 

 

 

ドリンクコーナー、カフェコーナー、レストコーナーという表現です。

 

「コーナー」で検索すると、

 

東京都「キッズコーナー」

http://www.metro.tokyo.jp/SUB/kids.htm

 

国税庁「税の学習コーナー」

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/gakushu/kyousitu.htm

 

など、公的なところでも使われています。(が、間違った使い方です)

 

 

この”corner”ですが、「コーナーキック」のように「角(かど、すみ)」を表す言葉です。

 

東京都のページで使われている、「キッズコーナー」から何を連想するか講師に聞いたところ、

 

 

Hey don’t hit your little sister!  Time out. Go to the corner!

 

こら!妹を叩かないの、部屋の角に行ってしばらく反省しなさい!

 

という「Kids(子供たち)が叱られた時、部屋のすみに行って反省する」という話を思い出すそうです。

 

アメリカで子ども達がしかられると、部屋の角で、角を見ながらしばらく反省するそうです。

(日本で悪いことしたら、押し入れに閉じ込められるイメージです。)

 

corner

 

これがアメリカ版「キッズコーナー」ですね…。

 

 

また、多角形の中には”corner”と”edge”があります。

 

下の図を見て下さい。

shape

 

必ず、角が”corner”、形の縁が”edge”となります。

 

厳密に言うと、”edge”は全ての縁を指すので、”edge”は”corner”を含みます。

 

通常の会話では、上の図の通りの理解で問題無いです。

例えば、パズルでは”corner piece”(四隅のピース)、”edge piece”(四隅以外の縁)という表現があります。

 

 

“corner”と”edge”、時々混ざってしまう方がいるので気をつけて下さい。

 

 

※当ブログはアメリカ人の英語講師が監修しています

覚えたフレーズはすぐにレッスンで使ってみましょう!

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。