日本語字幕なしでも英語がわかる?初中級者向けYouTubeで動画配信中!

【アメリカ人が解説】”must be”「〜に違いない」を自然な表現で理解しよう

ローラ
ローラ

Hey. How’s everybody doing? It’s Laura.

みんな元気かな?ローラです。

今日は、参考書や学校でも習う人が多い、”must be”を使った表現について紹介します。

記事の下に動画をつけています。文法の解説と発音などの確認に使ってください!

must be + 形容詞 「〜にちがいない」

辞書ではこのように説明されています。

/mˈʌst/ [当然の推定表わして] …にちがいない…に相違ないきっとだろう 

https://ejje.weblio.jp/content/must

推定なので「自分の考えにより100%確信している」状態ですね。

あくまで自分の考えで「間違いない!」と確認している状態です。

「しなければならない」という意味ではありません
みなさんが最初に習う、助動詞の”must + 動詞の原型”「〜しなければならない」とは意味が違いますので、気を付けましょう。
(今から例文をいくつか紹介しますので、違いがわかると思います。)

must be を使った例文

辞書では「違いない、相違ない」という意味ですが、普段の会話ではみなさんあまり「彼は疲れているに違いない」なんて言わないのではないでしょうか?

例文は、なるべく自然な日本語になるように訳しています。

「こんな日本語でも”must be”が使えるんだ!」というのがわかるかもしれません。

A: I just worked a 12-hour shift.
B: Whoa! You must be tired!

A: 12時間のシフトで働いたところだよ。
B: わぁ、きっと疲れてるよね。

みなさんも普段の会話で使いそうな表現ですよね!

A: Luke just bought a Lamborghini!
B: Really? He must be rich! / He must be in debt!

A: Lukeがランボルギーニ(イタリアの高級車)買ったんだって!
B: 本当!?絶対お金持ちだね。 / 絶対借金してるでしょ!

このように日本語の会話でよく聞こえてくる、

「絶対〜だよね。」「絶対〜でしょ!」というニュアンスにもなります。

ますます使いそうですよね!?

次の例文です

A: The final exam for my online course is next week but I also have a report due at work.
B: Wow! You must be really busy these days.

A: オンラインコースの最終試験が来週あるんだけど、仕事のレポートの締め切りもあるんだよね。
B: えー!最近忙しいんだね。(忙しいに違いない。明らかに忙しい。)

日本語でもっとカジュアルな表現にすると、

「えー、最近マジで忙しいんだね。」なんて使う中高生もいるかもしれませんね!(そんな時は”must be”が使えますよ!)

A: I’m going to Disneyland.
B: Oh, you must be so excited!

A: ディズニーランドに行く予定なんだ。
B: 楽しみだね!(楽しみにしているに違いない。)

最後の例文です。

A: My sister has been in a really bad mood since I got engaged.
B: Oh no. She must be jealous.

A: 私が婚約してからお姉ちゃんの機嫌が悪いんだよね。
B: そっか、うらやましいんだよ、きっと。

このように日本語に訳す時は、「〜に違いない」と直訳しない方が自然な表現になることが多いですね。

逆に、日本語から英語にするときに、なかなかこの”must be”が出てこない人も多いです。(辞書に載っている日本語表現をあまり使わないからかもしれませんね)

例文は動画でも紹介しています!

今回出した例文は下の動画でも使っています。

  • 発音、イントネーションの確認
  • リスニングの練習

などに活用してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です