便利な表現 未分類 間違えやすい英語

”be”動詞、使いすぎてませんか?

更新日:

be

ネイティブと、日本人の英語学習者の英語を比較すると、ある違いが見えます。

日本人の英語ではネイティブに比べ、be動詞を含む文を使うことが多いです。

例えば、

「どんな犬を飼っていますか?」という質問に対し、日本人の英語学習者は

My dog is a Maltese. 私の犬はマルチーズです。

とbe 動詞である"is"を使って答える方が多くいます。

ネイティブは、

I have a Maltese. マルチーズです。

のように"have"を使います。

同様に、

The dinner was very good. 夕食はとてもおいしかった。

をネイティブは、

I had a good dinner.

 

Today was tiring. 疲れる一日だった。

をネイティブは、

I had a tiring day.

と、"have"という動詞が頻繁に出てきます。

"have"以外でも、

My house is near Sendai station. 家は仙台駅の近くです。

をネイティブは、

I live near Sendai station. 仙台駅の近くに住んでいます。

このように、日本人の英語には、"be"動詞が含まれる表現が頻繁に出てきます。ネイティブから見ると多すぎると感じてしまうようです。

恐らく、日本語では「○○は□□です」という表現がよく使われますが、これを直訳して、

"○○ is □□." という表現を多用してしまうのだと思います。

意識してネイティブの自然な表現を使っていくようにしましょう!

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

-便利な表現, 未分類, 間違えやすい英語
-, , , , ,

Copyright© 仙台の英会話イノセンスプラス |長町|上杉|勾当台 , 2018 AllRights Reserved.