アメリカの文化 便利な表現 未分類 英語でどう言うの??

you? you guys?よく使われる英語表現

更新日:

2017年4月19日更新

stockvault-students113077

 

Hey. How's everybody doing? It's Laura.

みんな元気かな?ローラです。

今日は勘違いしやすい”you”について説明します。

 

英語では「あなた」も「あなた達」も"you"

 

日本語では、一人の相手に話しかける時は「あなた」が主語ですね。

(実際は日本語は主語を省略することが多いです)

 

話しかける相手が2人以上の場合は、

あなた達は…

とか

みんなは…

と言いますね。

 

英語では、

1人の「あなた」も、複数の「あなた達」も主語は"you"になる

と学校で習ったと思います。

 

勘違いしそうなyou

 

これでは、少し不便ですよね。

時々、気まずい間違えが起こったりします。

 

例えば、Aさん、Bさんと一緒に話をしていて、二人に

 

Are you going home soon?

みんなはもうすぐお家に帰るの?

 

と、聞くつもりが、Bさんだけが返答する…

なんてことにもなりかねません。

逆に、Bさんに聞きたかったのに、Aさんが答えてくれた

ということも起こるかもしれません。

困りましたね。

 

よく使われるyou guys

 

こういう場面(話しかける相手が複数の場合)では、

ネイティブは

you guys

を頻繁に使います。

 

What do you guys think about this new project?

この新しいプロジェクトみんなはどう思う?

 

What are you guys going to do this weekend?

週末あなた達は何をするの?

 

もともと、単数の"guy"は「男性」を指すのですが、

you guys

女性がグループに含まれていても使えます

 

中には"you guys"はカジュアルな間柄でしか使われない

と説明する方もいますが、

 

ビジネスの場面や、レストランでウェイターがお客さんに話しかけるときにもよく使われます。

 

 

Lauraの「日本で聞いた間違えやすい英語」


広瀬通に新しいスクールをオープンしました!

プライベートレッスン中心のスクールです。

小学生のみグループプラン(グループレッスン+2回プライベートレッスン)もございます。

詳細はこちらHomestyle English School

-アメリカの文化, 便利な表現, 未分類, 英語でどう言うの??
-, , , , ,

Copyright© 仙台の英会話イノセンスプラス |長町|上杉|勾当台 , 2018 AllRights Reserved.