イノセンスプラス長町、勾当台・北四番丁校のウェブサイトはこちら

同じ英語だけど少し違う!?オーストラリアの挨拶

G’day mate!

皆さん、こんにちは。

 

突然ですが、皆さんはオーストラリアに行ったことはありますか?

オーストラリアでは、英語が公用語として使われていますが、アメリカの英語とは少し違います。

その違いとはなんでしょう?

 

今日は、その一部をお伝えしたいと思います。

 

例えば、こんなフレーズを聞いたことがありますか?

G’day mate!

これは、オーストラリアの挨拶フレーズです。

単純に

G’day = good day

mate = friend

ということでしょう。

Hello!などと同じように使うことができます。

G'day mate! How are you going?

 

そして、発音も独特なのです。

オーストラリアでは、

“day”、”mate” や “eight” などに共通する発音  “a” や “ei” が、”eye” (目) のような発音になるんです。

ですから、day → DIE と同じ発音に、mate→MIGHT、 eight→IGHT と読み方が変わります。

day も die(死ぬ) と同じ発音になるので、誤解されることもあるようです。

 

このように世界には様々な”アクセント”、日本でいう「訛り」があります。

同じ言語でも、地域によって発音の仕方や表現の仕方が違う場合があるのです。

中には、相手は英語を話しているはずなのに英語に聞こえない…なんてことも。

それぞれの国にそれぞれの魅力があります。アクセントもそのひとつです。

皆さんも旅行に行った際には、ぜひ現地の人とたくさん英語で話して、その国の”アクセント”を感じてみてください!

 

仙台市太白区長町にある英会話スクール イノセンスプラス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。