日本語字幕なしでも英語がわかる?初中級者向けYouTubeで動画配信中!

【アメリカ人が解説】英語でのjustの使い方

just

日本語では「ちょうど」という意味で”ジャスト”が使われることが多いです。

例えば、「ジャストフィット」「12時ジャスト」「ジャストサイズ」などが時々聞く表現ですね。(ジャパングリッシュと言うらしいです。)英語ではこういう表現で”just”は使われません。(この表現を英語で言いたい場合は先日の記事を参照して下さい。「よくあるjustの間違った使い方」)

英語ではどのように使われているのか簡単におさらいしてみましょう。

最初は、

just = a short time ago つい先ほど、ちょっと前に、今さっき

過去形や現在完了形と一緒に使います。”a short time ago”からわかるように、過去に関しての表現です。英語では日本語で「今ちょうど〜した」という時も過去形になることが多いです。

He just arrived at the airport.  彼はつい先程空港に着いた

He has just arrived at the airport. (現在完了ですが、上の文と同じ意味で使われます)

just  =  exactly  ちょうど、まったく

This is just what I wanted.  これは私が欲しいものと全く同じだ。

just = only  〜だけ

I just wanted to say hello. ただあいさつしたかっただけです。

He is just interested in making money. 彼はお金儲けにしか興味が無い。

just do it  ただそれをするだけだ(ナイキのコーポレートメッセージですね。色んな意味があるようですが。)

他にも色んな所で”just”は登場します。

少しずつ覚えていきましょう!

Lauraのオンラインスクールのご案内

NeWorld English(ニューワールドイングリッシュ)

今までより自信を持って話せるようになった!

と好評です。
私のスクールの特徴
  • Flipped Learning (反転学習) を取り入れた新しい学習スタイル
  • レッスンの内容をいつでも動画で予習復習
  • オンラインコミュニティで学び合う(会員制)
今までのオンラインでの英語学習の悩み
  • 学習はレッスン中のみ、学習内容もよくわからず終わってしまう
  • 予習復習があまりない、レッスンを受けた後すぐ忘れてしまう
  • YouTubeで英語学習動画をたくさん見てるのにすぐ忘れてしまう
この組み合わせで今まで以上に効果的な英語学習が可能になります。
無料体験レッスン実施中

最大2回の「無料体験レッスン」プレゼント!

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です