英語でどう言うの?? 間違えやすい英語

must, have to の違い 〜しなければならない

更新日:

sign

今日は「○○しなければならない」という表現についてです。

中学校では"must"か"have to"を使うと習ったと思います。

この2つの違いを意識している中学生は少ないようです。

 

私が中学の時に使っていたテキストには、

"must"も"have to"も同様に「○○しなければならない」と書いてあります。

そのテキストの例文は、

I must read this book by next week.

I have to read this book by next week.

2つの例文とも同様に「この本を来週までに読まなくてはならない。」という訳になっています。

ではこの、"must"と"have to"どちらとも同じ意味で使えるんでしょうか??

 

結論から言うと、同じ使い方はできません!私が使っていた中学のテキストは間違ってます。

(私だけじゃなく、周りのみんなも使っていましたが)

まず、英語での会話で「○○しなければならない」の意味で普段使うのは"have to"の方です。

I have to read this book by next week.

この本を来週までに読まなくてはならない。

 

I have to wake up early tomorrow.

明日は早起きしなくてはならない。

 

では"must"はどんな時に使うのでしょうか?

あまり会話では使わず、説明書の指示や、工場、学校での指示、命令に近いような文章でよく見かけます。

Workers must wear a helmet.

作業員はヘルメットを着用しなければならない

 

Students must not use cell phones in class.

生徒は授業中に携帯電話を使用してはならない

 

You must be at work by 9:00am every morning.

あなたは毎朝9時までには職場にいないといけない

 

以上のように、かなり堅苦しい表現で使われます。普段の会話ではあまり使われません。

 

もし会話で、「〜しなきゃね!」と軽い感じで言おうとして"must"を使ってしまうと、非常に真剣で命令的なニュアンスになるので気をつけて下さい。

 

※ただ、"must"は「○○に違いない」という意味では会話でよく使われます。

It was long trip. You must be tired.

長旅だったね、疲れたでしょ?

 

It's hot outside. You must be thirsty.

外は暑いね、のど渇いたでしょ?

こちらは意味が違いますので、気をつけましょう!

 

覚えたフレーズはすぐにレッスンで使ってみましょう!

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

-英語でどう言うの??, 間違えやすい英語
-, , , ,

Copyright© 仙台の英会話イノセンスプラス |長町|上杉|勾当台 , 2018 AllRights Reserved.