私のオンライン英会話スクールができました!詳細はこちら

【文法】must & have to|きちんと使い分けられていますか?

“must”と”have to”、使う場面が違うって知ってました?

こんにちは!

今回のEnglish Lessons with Lauraは「文法」のレッスンです。

 

日本語では「~しなければならない」と訳される

“must”と”have to”

英語表現をするとき、この2つをきちんと使い分けられていますか?

「車に乗ったらシートベルトをしなければなりません」

「週末は部屋を掃除しなきゃ」

こう言いたい時に使うのは、”must”でしょうか?それとも”have to”でしょうか?

 

なんとなく感覚で使っている人も多いかと思いますが、

実は結構間違っていることも多いのです!

 

今回のレッスンで、使い分けを身につけて、より自然な英語表現を身につけましょう!

今回のレッスン動画の見所!

“must”と”have to”の使い分けのポイントは2つ

  • 「書く」のか「話す」のか
  • 「なに」について話すのか(扱う内容)

場面や内容によって変わってきますので、そこをしっかり理解しましょう!

また”have to”の発音にも注目!

多くの日本人が“ハフ トゥー”と発音しがちですが、ネイティブの発音は少し異なります。
※もっと短くなります!!

使い分けと発音を、一緒に動画で練習していきましょう!

チャンネルのご案内|English Lessons with Laura

英会話スクールのオーナーLauraが、
自然な英語表現や、文法・語彙などをご紹介する
YouTubeチャンネルのご案内です。

【English Lessons with Laura】

英語の学習を初めて2年目以上の子供たちや初心者の成人を想定して動画を作成しています。

今後も動画の数を増やしていきますので、ぜひ登録をお願いします!

登録していただくと、新しい動画がアップされた際に通知が来るので便利です!

 

Lauraの英語学習YouTubeチャンネル

仙台の英会話 Innocence Plus English School

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。