間違えやすい英語

ほとんどの mostとalmostの違い

更新日:

almost

 

Hey. How's everybody doing? It's Laura.

みんな元気かな?ローラです。
今日はalmostとmostを使う時に多く見られる間違えを紹介します。

スペルが似ているので、会話でもよく混同してしまいますよね。

実は似ている上に、それぞれ使い分ける時にも間違えやすいのです。

気をつけて見ていきましょう。

 

almostでよくある間違え

 

"almost"でよくある間違いが、「ほとんどの◯◯が…」と言いたい時に起こります。

Almost people were singing in the park.

その公園にいるほとんどの人が歌っていた。

 

ここでのalmostは、直後に"all of the"が必要です。

 

正しくは

Almost all of the people were singing in the park.

その公園にいるほとんどの人が歌っていた。

 

です。

「ほとんどの○○(人、動物、物)が」といいたいときは、

almostの後にほぼ"all of the"が続く

と思って下さい。

もう一つのalmostの使い方

 

他の使い方としては、動詞の前に置き、

「ほとんど◯◯した」と言いたい時です。

 

I've almost finished this book.

この本をほとんど読み終えました。

 

He almost finished his homework, but he had to go to bed.

彼は宿題をほとんど終えそうでしたが、もう寝なくてはいけませんでした。

 

などのように完全ではない状態を表します。

 

 

mostのよくある間違え

 

Most of people were singing in the park.

その公園にいるほとんどの人が歌っていた。

 

ここでのmostは、「公園にいる人」という特定の人を修飾しているので、直後に"of the"が必要です。

 

正しくは

Most of the people were singing in the park.

その公園にいるほとんどの人が歌っていた。

 

です。

 

また、mostのすぐ後に名詞(この例文ではpeople)が来ることもあるのですが、

この場合、一般的な話を意味します

 

Most people like listening to music.

ほとんどの人は音楽を聴くのが好きだ。

一般的に人々は音楽を聴くのが好きだ。)

 

"Most people were singing in the park."という使い方はできません。

"the park"という特定の場所にいる特定の"people"なので、"of the"が必要になります。

 

これは"the"の役割を説明する必要があるので、後ほど。

今は、"most + 名詞"は普遍的なことを表すのに使うとイメージして下さいね!

 

 

Lauraの「日本で聞いた間違えやすい英語」

 

-間違えやすい英語
-, , , ,

Copyright© 仙台の英会話イノセンスプラス |長町|上杉|勾当台 , 2018 AllRights Reserved.