アメリカの文化 便利な表現 文法 未分類 英語でどう言うの?? 間違えやすい英語

英語で?|丁寧な断り方 - ローラが解説!間違えやすい英会話

更新日:

当ブログはアメリカ人の英語講師が監修しています

Hey. How's everybody doing? It's Laura.

みんな元気かな?ローラです。

今日は、

英語で丁寧にお断りしたい

時の表現を紹介していきます!

 

お友達から誘われたけど断りたい…

勧められたけど(必要ないから)断りたい…

なんてこと、たまにありますよね?

では例を交えながら説明していきます!

提案を断る時

 

 

例えば、いつも飲まないコーヒーを勧められた時

Would you like some coffee?

コーヒーはいかがですか?

No, thanks. I don't drink coffee.

結構です。コーヒーは飲まないんです。

このように、

No, thanks.

ということができます。

日本人の英語学習者で多いのが、

ただ ”No” とだけ答えてしまう人です。

ネイティヴからすると、とても失礼な印象になります。

気をつけましょう!

 

”No”のあとに”thanks”とつけるだけ!です。

断る理由を付け加えてあげると、相手にも親切です。

 

お誘いを断るとき

 

予定が入ってる日に限って友達からご飯誘われちゃった。

という時に使える表現です。

 

Would you like to have lunch with us ?

私たちと一緒にランチに行きませんか?

I'd love to but I can't. I need to finish this task.

すごく行きたいんですけど、この仕事を終わらせないといけないので…。

 

I'd love to but

を使って、

本当はしたいんだけど・行きたいんだけど…

という表現になります。

 

場合によっては

How about tomorrow?

明日はどう?

なんて別の提案をしてみるのもいいですね。

覚えた英語はすぐに使ってみましょう!

ローラが解説!間違えやすい英会話

-アメリカの文化, 便利な表現, 文法, 未分類, 英語でどう言うの??, 間違えやすい英語

Copyright© 仙台の英会話イノセンスプラス |長町|上杉|勾当台 , 2018 AllRights Reserved.