日本語字幕なしでも英語がわかる?初中級者向けYouTubeで動画配信中!

【アメリカ人が解説】英語で使えるフレーズ get going

get going 今日は英会話で使えそうなフレーズ”get going”です。 「さあ行こう」、「さあ始めよう」というニュアンスですね。 ただの”go”や”start”に比べて、時間がなく、差し迫った感じです。 会話ではよく使いますので、ぜひ覚えて下さい。
The bus is leaving soon. We’d better get going. バスがもうすぐ出発しちゃうよ、急がなきゃ。 It’s getting late. I should get going. (例えば夜遅くまで話し込んで…)遅くなっちゃった、もう行かなきゃ。 I have to pick up my kid at school. I’d better get going. 子どもを迎えに行かないと。もう行かなきゃ。 A: The TOEIC test is in two weeks, but I haven’t studied at all. B: Ooh- You’d better get going. A: TOEICテストまであと2週間だ。けど全然勉強してないや。 B: えー!勉強しなよ。
例文をいくつか出しましたがいかがですか? 日常会話ではよく出てきそうなフレーズですね。 覚えたフレーズはすぐにレッスンで使ってみましょう! ※当ブログはアメリカ人の英語講師が監修しています

Lauraのオンラインスクールのご案内

NeWorld English(ニューワールドイングリッシュ)

今までより自信を持って話せるようになった!

と好評です。
私のスクールの特徴
  • Flipped Learning (反転学習) を取り入れた新しい学習スタイル
  • レッスンの内容をいつでも動画で予習復習
  • オンラインコミュニティで学び合う(会員制)
今までのオンラインでの英語学習の悩み
  • 学習はレッスン中のみ、学習内容もよくわからず終わってしまう
  • 予習復習があまりない、レッスンを受けた後すぐ忘れてしまう
  • YouTubeで英語学習動画をたくさん見てるのにすぐ忘れてしまう
この組み合わせで今まで以上に効果的な英語学習が可能になります。
無料体験レッスン実施中

最大2回の「無料体験レッスン」プレゼント!

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です