日本語字幕なしでも英語がわかる?初中級者向けYouTubeで動画配信中!

【アメリカ人が解説】英語で「実家に帰る、帰省」はどう表現する?

ローラ
ローラ

Hey. How’s everybody doing? It’s Laura.

みんな元気かな?ローラです。

長期休みや年末年始には、実家に帰る方が多くなります。

「実家に帰る・帰省する」と英語で言いたい時は ”I’m going to my home!” でいいのかな?

と言う質問をよくもらいます。

辞書ではこのように出ていますので”I’m going to my home!”ではちょっと問題ありそうですね。

じっか 実家
one’s parents’ home [house]

http://ejje.weblio.jp/content/%E5%AE%9F%E5%AE%B6

出典:Weblio

では間違えやすい例を交えて説明していきます!

ブログの最後にこのトピックについて動画を載せています!リスニングの練習を兼ねてぜひチェックしてみてください!

英語で実家に帰る、帰省すると言いたい

夏休みや春休みが終わると、英会話を習っている方は、

Laura
Laura

What did you do over the vacation?

休暇中何をしましたか?

という質問を必ずされると思います。

そして

「実家・地元に帰った、帰省した」

と答える方がとても多いです。

今日は「実家・地元に帰った、帰省した」と英語で言いたい時の答え方を紹介したいと思います!

よく聞く間違った「実家に帰る・帰省する」の英語表現

チャーリー
チャーリー

I went to my home.

このように答える方が非常に多いのですが、

英語で

my homeというと、現在住んでいる家

のことになってしまいます。

生まれ育った実家が、感覚的に「私の家」と考える方が多いのかもしれません。

英語では、

hometown

地元・故郷

parents’ home

両親の家(実家)

のように表現することが出来ます。

生まれ育った家なのに”my home”ではない??

なぜ長年住んだ自分の実家なのにわざわざparents’ home”と言うのでしょう?

それは文化の違いにあります。

アメリカでは学生を卒業して働き始めたら、どんなに職場が近くても実家を離れるのが一般的。

そのため家を出てからは、my homeというよりparents’ home(両親の家)という感覚に変わる人が普通です。

なので、実家にお母さんしか住んでいない場合はmy mother’s home、

おじいさんやおばあさんも一緒に住んでいる場合はfamily’s homeになります。

いろいろな「実家に帰る・帰省する」の英語表現

実家に行く、実家に帰る、帰省するなどの表現を英語で表してみましょう。

I went and saw my parents in Saitama.

埼玉県の両親の家に行きました。


I went back to my parents’ home.

両親の家(実家)に帰省しました。


I’m going to see my parents in Akita.

秋田の両親に会いに行く予定です。


I’m going to stay at my parents’ home.

実家で過ごす予定です。


アメリカでは、両親といくら親しかったり、家を出たばかりでも、

実家に帰るときは「人の家に上がるつもり」で遊びに行きます。

長期間実家に帰省する日本の文化には最初驚きました!

記事の下に動画をつけています。文法の解説と発音などの確認に使ってください!

Lauraのオンラインスクールのご案内

NeWorld English(ニューワールドイングリッシュ)

子どもオンライン英会話 NeWorld Kids (ニューワールドキッズ)

Flipped Learning (反転学習)を取り入れたカリキュラムは、

今までより自信を持って話せるようになった!

と好評です。

私のスクールの特徴
  • Flipped Learning (反転学習) を取り入れた新しい学習スタイル
  • レッスンの内容をいつでも動画で予習復習
  • 学習者のオンラインコミュニティで学び合う
今までのオンラインでの英語学習の悩み
  • 学習はレッスン中のみ、新しい単語や表現に慌ててしまう
  • 予習復習の機会がなく、レッスンを受けた後すぐ忘れてしまう
  • YouTubeで英語学習動画はよく見るけど、結局覚えられない

この組み合わせで今まで以上に効果的な英語学習が可能になります。

無料体験レッスン実施中

カウンセリング(学習相談)のお申し込みで最大2回の「無料体験レッスン」プレゼント

子どもオンライン英会話 NeWorld Kids (ニューワールドキッズ)

では、上の特徴に追加して、

CLIL(内容言語統合型学習)を活用したコースがぞくぞく追加されています。

NeWorld Kidsでは、英語「を」学ぶレベルから、英語「で」学ぶレベル を目指します。

アルファベットの学習から、CLILを活用した「英語で科学や動物、歴史、異文化など子ども達の興味をひくトピック」を英語「で」学ぶことで、英語でのコミュニケーション力や表現力を身につけていきます。

動画で解説!!「実家に帰る、帰省は英語で?」

Lauraの「日本で聞いた間違えやすい英語」

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です