日本語字幕なしでも英語がわかる?初中級者向けYouTubeで動画配信中!

【アメリカ人が解説】be/get/feelの違い(+形容詞)はどう違うの?

ローラ
ローラ

Hey. How’s everybody doing? It’s Laura.

みんな元気かな?ローラです。

mad, sad, happy…など、感情を表す形容詞はたくさんありますね。

私の本でもたくさん紹介しました!

私の本はAmazonで購入できます。(初中級者向け表現集です。)

よく使われる感情を表現する単語では、

I‘m angry.

I get angry …

I feel angry …

と同じ形容詞でもbe動詞、get、feelと共に使われる場合があります。

どんな意味の違いがあるのでしょうか?

また、angryはこの3つの動詞どれも使うことができますが、単語によっては、「be動詞だけ、getとは使えない」、という場合があります。

これについても表で一覧にしたいと思います。

まずは意味の違いから簡単に図で説明します。

getを使う場合は「状態の変化を表す」

例えば”get mad”を例にすると、下の図のように、「嬉しい状態」から「怒った状態」へと変化したことを表します。

be動詞を使う場合は、「その時の状態を表す」

“be mad”は「怒った状態」であることを言っています。変化については表現していません。

より理解しやすいよう、過去の話を例にしてみます。

I was mad.(過去のある時点でその状態だった。)

I got mad. (過去のある時点で状態が変わった)

ということになります。

feelはどう使う?

意味の違いはあるの?

基本的に、I’m happy. I feel happy.は同じ表現考えて大丈夫です。

「私は幸せです。」「私は幸せを感じています。」

日本語でも明確に違いを説明するのは難しいかもしれません。

おいしいものを食べて、「あ〜幸せだな!」という表現では、

「私は幸せです。」「私は幸せを感じています。」

どちらを使っても問題なさそうですね!
英語でも同じ感覚です。

feelの違いをあえて言うなら…

例えば、

  • I’m tired.
  • I feel tired.

両方可能ですが、通常は、I’m tired. の方が一般的に使われます。

なので、I feel tired. とあえていうと少し深刻さが出るかもしれません。(あえてfeelを使うことでいつもと違う感じが出せます。)

feelが主に使われることもあります。

どんな形容詞にfeelが使われるのかは、残念ながら覚えていくしかありません。

feelを使ったほうが良い状況

ある条件でfeelを動詞にすることがあります。

それは、

How do you feel?

と聞かれた時の返事では、

I feel tired.

と返答する人が多いです。相手の使った動詞による、ということですね!

be, feel get使い分け一覧表

⭐️1”be isolated” means to be literally alone but does not imply a lonely feeling
be動詞と”feel”で意味が変わってしまいます。
“be isolated”は物理的に孤立していて、感情的に「寂しい」と言うわけではありません。”feel isolated”は「寂しい、孤独だ」という感情を表します。

合計37個の形容詞について分類していますが、「全て見たい!」という方はLINEから「リスト」と一言メッセージください!

Lauraのオンラインスクールのご案内

NeWorld English(ニューワールドイングリッシュ)

今までより自信を持って話せるようになった!

と好評です。

私のスクールの特徴
  • Flipped Learning (反転学習) を取り入れた新しい学習スタイル
  • レッスンの内容をいつでも動画で予習復習
  • オンラインコミュニティで学び合う(会員制)

この組み合わせで今まで以上に効果的な英語学習が可能になります。

無料体験レッスン実施中

最大2回の「無料体験レッスン」プレゼント!

LINE

英語初級・中級レベルの方を対象にしています。月に2、3回ほどのペースで英会話や英語学習に関する情報をお届けいたします。文法や自然な表現の解説、私の学習動画などをご案内する予定です。

友だち追加

Lauraのオンラインスクールのご案内

NeWorld English(ニューワールドイングリッシュ)

今までより自信を持って話せるようになった!

と好評です。

私のスクールの特徴
  • Flipped Learning (反転学習) を取り入れた新しい学習スタイル
  • レッスンの内容をいつでも動画で予習復習
  • オンラインコミュニティで学び合う(会員制)
今までのオンラインでの英語学習の悩み
  • 学習はレッスン中のみ、学習内容もよくわからず終わってしまう
  • 予習復習があまりない、レッスンを受けた後すぐ忘れてしまう
  • YouTubeで英語学習動画をたくさん見てるのにすぐ忘れてしまう

この組み合わせで今まで以上に効果的な英語学習が可能になります。

無料体験レッスン実施中

最大2回の「無料体験レッスン」プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です