日本語字幕なしでも英語がわかる?初中級者向けYouTubeで動画配信中!

【アメリカ人が解説】結局next Saturdayって今週?来週?

ローラ
ローラ

Hey. How’s everybody doing? It’s Laura.

みんな元気かな?ローラです。

友達との会話では、週末の予定が話題になることは多いですね!

「今週の土曜日に水族館に行きます」「来週の土曜日は友達に会います」

など、よく皆さんも英語で使う表現だと思います。

今日はこれに関して、レッスン中によく聞くミス、

「来週の土曜日」と言いたくて”next Saturday”と言い、「今週の土曜日」と思われてしまう問題

について話していこうと思います。

私の本はAmazonで購入できます。(初中級者向け表現集です。)

あいまい…勘違いされやすい”next Saturday”

英語では”next Saturday” と ”this Saturday”が同じ意味になることがあります!
これを言うと「うそ!?」と生徒さんに驚かれます。

生徒さんが、「来週の土曜日にピクニックに行きます。」と言いたくて

“I’m going to go on a picnic next Saturday.” と表現し、

「今週の土曜にピクニックに行きます。」と言う意味で伝わってしまうことが多くありました。

next Saturday の意味は発言した曜日によって変わる?

一般的に、「next Saturdayと言った日の曜日」により相手に伝わる意味が変わります。

週の前半に言うと?

週の前半に”next Saturday”と言うと、通常は「今週の土曜日」と思われます。

週の後半に言うと?

週の後半に”next Saturday”と言うと、翌週の土曜と思われる可能性が高いです。(「今週の土曜」と思う人も中にはいます。)

前半後半を水曜日〜木曜日で分けて説明しましたが、実際は人によります
中には「next Saturdayは必ず翌週の土曜のことだ!」と考える人もいるのです。(オーストラリア、NZの方からはこうコメントもらっています。)

とてもあいまいですね…

じゃあどうすれば勘違いを減らせるでしょうか?🤔

おすすめの対策

こんなあいまいな”next Saturday”ですが、ネイティブスピーカーは週末の話題で「今週か来週か」あまり勘違いしません。
無意識に以下のことをしています

次のページに続く

1 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です