日本語字幕なしでも英語がわかる?初中級者向けYouTubeで動画配信中!

【アメリカ人が解説】大注目の学習法「オーバーラッピング」とは?

ローラ
ローラ

Hey. How’s everybody doing? It’s Laura.

みんな元気かな?ローラです。

近ごろ英語教育界では、「オーバーラッピング」という方法が注目されています!

「ディクテーション」や「シャドーイング」なら「なんとなく聞いたことがある」という人でも、「オーバーラッピング」という言葉は「知らなかった!」という方が多いのではないでしょうか?

この記事では「オーバーラッピング」の効果や実践方法を詳しく解説します!

これから定番の学習方法にになりそう!
「オーバーラッピング」とは?

オーバーラップ (overlap)という言葉には、
「〜に重ね合わせる」、「〜に一致させる」といった意味があります。

オーバーラッピング(overlapping)は

  • 英語学習者が
  • 教材の英語音声に
  • 自分の声を重ねる=同時に読む

という学習方法です。詳しく見ていきましょう。

オーバーラッピングにはどんな効果があるの?

まず最初に言えることは、オーバーラッピングの練習を続けるとスピーキングとリスニングの力が同時に上がっていくということです!

スピーキングが向上する理由

英語のネイティブスピーカーが話す音声教材に自分の声を重ねて読むことで、実際に英語がどう話されているのかということがわかります。自分が話す英語と、音声のネイティブの英語は、最初はまったく違うものかもしれません。何度も同じ音声を使って練習することで、ネイティブスピーカーの話し方に近づけていきます。

これをすることで、英語のリズム感、イントネーション(抑揚)、アクセント、発音などが改善されます。

リスニングが向上する理由

オーバーラッピングの練習をするためには、ネイティブスピーカーが話す音声を集中して聞かなければなりません。そして、スクリプト(字幕など)を見ながら、音声と文章を一致させていきます。

同じ音声を何度も繰り返し聞くことで、話されている内容だけではなく「この単語はこのように発音するんだな」という発音、発声への理解につながります。結果、リスニングの力もつくというわけです。

英語の言語そのものへの理解が深まる

オーバーラッピングでは、スクリプトを見ながら聞こえた英文をすぐに自分で声に出します。長文読解の授業などとはちがい、英語を日本語に置き換えずに、英語を英語のまま頭にインプットします。音声教材を使って、英語のスピーキングを「語順通り」「訳さず」「即時」に実践するため、英語の本質的な理解につながります。

ディクテーションやシャドーイングとの違い

  • ディクテーション
    聞き取った音声をノートなどに書きとる練習で、主にリスニングの正確さを上げるのに効果的です。
  • シャドーイング
    聞こえてきた音声のすぐあとについて真似をします。
    ※自分で発話するのは、音声より少し遅い
  • オーバーラッピング
    聞こえてきた音声と同時にかぶせて真似をします。
    自分の発話と音声が同じタイミングになる

学校の英語の授業でも取り入れられていく予定

平成30年度の英語の学習指導要領では、「これからの英語教育はコミュニケーション重視の取り組みを増やしていく」という旨が明記されていました。

これによると、今までの英語の授業では、以下のことが課題として挙げられています(抜粋・要約)。

  • 「話すこと」及び「書くこと」などの言語活動が適切に行われていない
  • 「やり取り」や「即興性」を意識した言語活動が十分ではない
  • 他者とのコミュニケーションの基盤を形成する観点を重視していくことが必要

2020年以降、高校の授業で特に「コミュニケーション重視」の活動がより大きな比重を占めています。スピーキングの練習をしなければ、英語を話すことはできません。そのため、質の高いスピーキングの授業を行う必要があります。

そのスピーキング練習の一環として、一部の学校ではすでにオーバーラッピングを取り入れいているようです。こうした傾向は、今後もっと増えていくことが予想されます。

早い段階から、効果的なスピーキングの練習方法を実践することが大事です。

どんな人に向いている練習方法なの?

学校の生徒だけではなく、大人の英語の学び直しにも最適です。英語学習をするすべての人が使える練習方法と言えるでしょう。

初めて英語を学ぶ方やお子様から、中級者以上の方に向いています。
さらに自分の英語力を伸ばしたい上級者の方でも、練習する素材が合っていれば効果的に練習ができます!

実際にやってみましょう!

動画を使ったオーバーラッピングのやり方

オーバーラッピング(Overlapping)の動画を準備してみました!
2分30秒くらいでサクッと内容を確認できますが、これを使うとかなりオーバーラッピングをやり込むことができる内容になりました。

  1. 字幕なしで短い音声を聞く(ネイティブスピード)
    私が自然なスピードで話したことを、まずは字幕なしで聞いてみます。
    字幕がないので音声に注目!
  2. 音声と同時に声に出す(ネイティブスピード・字幕あり)
    字幕で英文の内容を確認します。
    字幕を見ながら音声にかぶせるように、自分でも声に出します。
    シャドーイングではないので同時に声に出すことが大事!
  3. 音声と同時に声に出す(ゆっくり・字幕あり)
    今度はゆっくりのスピードで音声にかぶせて声に出します。
  4. 必要に応じて1〜3を繰り返す
    繰り返し練習することが大切。音声を同時に話せるようになるまで何度もやりこみましょう。

▼それでは、実践してみましょう!
“Speak with me!”のパートで、実際に英文を声に出して読んでくださいね。

…いかがでしたか?
最初はかなり難しかったのではないでしょうか。

オーバーラッピングは繰り返し練習することが重要です

上の動画で「全然できなかった!」という方も安心してください。
繰り返しにはなりますが、オーバーラッピングは、「音声教材と一緒に声に出して読む」という練習方法です。

英語を学び始めたばかりの人なら、上の動画は少なくとも15回くらい(!)は練習してみてください。
少しむずかしく感じるくらいの教材が、英語力の向上に役立ちます。

他のオーバーラッピングの動画はこちらから

私のYoutubeチャンネルでは、オーバーラッピングの動画をこれからどんどん増やしていく予定です。
「やってみようかな?」と考えている方は、ぜひチェックしてくださいね。

ディクテーション、シャドーイングの動画も合計100本以上公開しているので、リスニング・スピーキングを伸ばしたい方にぴったりのチャンネルです✨

Lauraのオンラインスクールのご案内

NeWorld English(ニューワールドイングリッシュ)

今までより自信を持って話せるようになった!

と好評です。

私のスクールの特徴
  • Flipped Learning (反転学習) を取り入れた新しい学習スタイル
  • レッスンの内容をいつでも動画で予習復習
  • オンラインコミュニティで学び合う(会員制)

この組み合わせで今まで以上に効果的な英語学習が可能になります。

無料体験レッスン実施中

最大2回の「無料体験レッスン」プレゼント!

LINE

英語初級・中級レベルの方を対象にしています。月に2、3回ほどのペースで英会話や英語学習に関する情報をお届けいたします。文法や自然な表現の解説、私の学習動画などをご案内する予定です。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です