イノセンスプラス長町、勾当台・北四番丁校のウェブサイトはこちら

“get to~” ってどうやって使うの?−その2−

 

皆さん、こんにちは!

 

前回の “get to~”−その1−では、これから〜しなくてはいけない。

という意味で、未来の話をする時の使い方をお話しました。

 

まだチェックしていない方は、ぜひご覧になってくださいね!

“get to〜” ってどうやって使うの? −その1−

 

 

今回は、”get to~”−その2−と題して、”get to~”が持つもうひとつの顔を紹介します。

2000px-my_wife_and_my_mother-in-law_hill-svg  <girl? or old lady?>

 

 

もうひとつの顔…それは…

 

“get to do”で、(そういう機会があり)〜することができる。

という意味になります。

 

 

I went to NY. I got to see the Statue of Liberty.

 

(私はニューヨークに行きました。(そこで)自由の女神を見ることができました。)

この例文では、「ニューヨークに行く機会があった事で、自由の女神を見ることができた」というタイミングに恵まれていたニュアンスが含まれています。

 

 

I took two weeks off of work. I got to spend a lot of time with my family.

 

(私は2週間、仕事の休みを取りました。(この休暇があり)家族と多くの時間を過ごすことができました。)

こちらの例文でも、「仕事の休みを2週間も取れる機会があった事で、家族と一緒に多くの時間を過ごすことができた」という、ポジティブなニュアンスが伝わってきます。

 

 

ここで、「そっか!〜することができる=”Can” と同じだ!」と思った方もいるかもしれません。

 

日本語の意味としては同じに聞こえますが、ニュアンスが全く違います!

 

 

皆さんもよくご存知の “Can”(〜することができる)は、”〜できる能力がある”という時に使います。

Akiko can speak English.(アキコさんは英語が話せるよ)

John can ski.(ジョンはスキーができるよ)

 

 

今回の “get to do” では、

・機会やタイミングに恵まれて、ラッキーなことに〜することができた。

 

・特別な許可をもらえたので、ラッキーなことに〜することができた。

というポジティブなニュアンスがあり、過去のことを言う時に使われます。

 

 

前回お伝えした “get to~” −その1− の意味とは全く違いますね!

ぜひ、”get to do” を使ってみてください。

 

 

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。