イノセンスプラス長町、上杉・北四番丁校のウェブサイトはこちら

【間違いやすい英語表現】Give Up|簡単に“ギブアップ”って使ってませんか?

意外と知らない、英会話で“Give up”を使うときの注意点!

こんにちは!

 

今回の“English Lessons with Laura”は

間違いやすい英語表現

について解説します。

 

日本語でも良く使う「ギブアップ」

何かを諦めたときや、途中で投げ出してしまったときに

日本語では、割と気軽に「ギブアップ」と使いがちですが、

英語表現で“Give up”を使うときは、ちょっと注意が必要です!

 

簡単なことや、ささいなことにも“Give up”を使っていると

ネイティブには、ちょっと違和感のあるように聞こえてしまうかもしれません。

 

今回は、日本人が間違いやすい

“Give up”を使った英語表現について解説します☆

今回のレッスン動画の見所!

“Give up (Gave up)”ではなく“did not”“could not”を使って

英会話で“Give up”を使うのは

  • 1.とっても難しいことを諦めた(やめた)場合
  • 2.やめたほうが良い(悪い)習慣をやめた場合

のような場合がふさわしく、

日本語で使う「ギブアップ」より使える範囲がかなり狭いです!

 

「授業に出られなかった」

「(料理などを)つくるのを諦めた」

というような、簡単なもの・日常的なものの場合は

“did not”

“could not”

を使うようにしてみましょう!

その方が、より自然な英語に聞こえますよ☆

チャンネルのご案内|English Lessons with Laura

英会話スクールのオーナーLauraが、
自然な英語表現や、文法・語彙などをご紹介する
YouTubeチャンネルのご案内です。

【English Lessons with Laura】

英語の学習を初めて2年目以上の子供たちや初心者の成人を想定して動画を作成しています。

今後も動画の数を増やしていきますので、ぜひ登録をお願いします!

登録していただくと、新しい動画がアップされた際に通知が来るので便利です!

 

Lauraの英語学習YouTubeチャンネル

仙台の英会話 Innocence Plus English School

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。