イノセンスプラス長町、勾当台・北四番丁校のウェブサイトはこちら

meetとseeの使い分け1

Hello! Toshimiです♪

今日は「会う」という意味の “meet” と “see” についてです。
皆さんはこの2つのワードをどのように使い分けていますか??

 

「はじめまして」という意味の “Nice to meet you.” は初対面の人と会う場面で使われます。

“meet” は一般的に初めて誰かと会うときに使われます。
なので、” I met my mother.” という文章はなんだか変ですね。(お母さんは生まれた時から知っている存在です!)

I met her father last night. 彼女のお父さんに昨夜(初めて)会った

このように「初めて」というニュアンスが含まれています。

 

“meet” は他にも、待ち合わせや会う時間が前々から決まっていた時にも使われます。
たとえば彼氏とデートの約束をしていたら、

I met my boyfriend at the station.  彼氏と駅で会った

友達と買い物に行く約束をしていたら、

I met my friend at the mall.  友達とモールで会った

どちらも、駅やモールで会う事を以前にお互い決めていたというニュアンスが含まれています。
では、 “see” を使うのはどんな時でしょうか?
友達や家族など、お互い知っている仲、その人と会うのが2回目以降の時に使われます。

I saw my teacher yesterday.  昨日先生を見かけた
I’ll see him tomorrow.  彼と明日会います

 

初めて会った人と少し会話をした後の別れ際に、ネイティブの人はよくこういう言い方をします。

“ It was nice to meet you.”

“ nice to meet you.”=「はじめまして」と認識している日本人にとっては、最初に会った時に”Nice to meet you.”と言ったのに、なぜまた言うの?という感覚になるかもしれません。
ですがこれは、「お会いできてよかったです」という意味なのです!

久しぶりに会った友人にも、別れ際には

“ It was nice to see you again! “  また会えてよかった!
” It was nice talking to you.” あなたと喋れてよかった。

という言い方ができます。

イノセンスプラスには新しい先生がアメリカから来ています!
覚えた英語は早速使ってみましょう!

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。