イノセンスプラス長町、上杉・北四番丁校のウェブサイトはこちら

英語で自然な会話をするコツ1- Rejoinderを使おう

Hi, how’s it going?

こんにちは、ローラです。

英会話を始めて、ネイティブが言っていることもだんだん理解できてきたかな…

 

けど、無言の時間が気まずいな…日本語での会話みたいにスムーズにいかないな…

 

なんて思う人は多いかもしれません。

 

今日は、会話をはずませるコツ、「Rejoinders」についてお話しようと思います。

 

「Rejoinders」は

会話で使われる、短い簡単な返事

です。

まずは、「Rejoinders」について具体的に例を挙げていきます。

Rejoindersを使った会話例と使うメリット

例えばAさん、Bさんの会話で、

A Did you go shopping yesterday?

昨日買い物に行ったの?

 

B  Yes, but I forgot my wallet.

うん、けど財布忘れちゃった。

 

A  That’s too bad. What did you do when you realized you forgot it?

大変だったね、気づいてからどうしたの?

この中で、

That’s too bad. 大変だったね。

の部分がRejoinderです。

 

これを使うことで、

・会話を上手くつなぎます

・相手の話を聞いてますよ!という合図になります

・相手の話を聞いて、自分が感じた印象を伝えることができます

・相手の話をもっと引き出せます

 

日本語ではみなさん自然とこれを使っているのですが、英語になると途端に

「こういう時なんて言えばいいんだろう…」

となってしまいます。

 

色々なRejoinders

 

例えば他にはこんなものがあります。

I see.  「へー。そうなんだ。ふーん。わかった」(状況によって結構変わります)

 

Oh, yeah? 「そうなの?」

 

Really? 「ほんとう?」

 

That’s great! 「すごい!」

 

That’s nice. 「いいね!」

 

That’s funny. 「おもしろいね。おかしいね。」

 

That’s wonderful. 「すごい!」

 

That’s crazy! 「それはおかしい、変だね。」

 

That’s impossible. 「それはあり得ないよ。無理だよ。」

 

That’s terrible. 「それはひどいね。」 (That’s horrible.より頻繁に使われます)

 

That’s horrible! 「それはひどいね。最悪だね。」(terribleより悪さの度合いが高いです)

 

That sounds great! 「それは良いね!すごいね!」

 

That sounds tiring. 「それは疲れそう。」

 

That sounds exhausting! 「それはすごく疲れそう。」(tiringより疲れの度合いが高いです)

 

You must be tired! 「疲れてるでしょ?」

 

You must have been tired! 「(過去の時点で) 疲れてたでしょ?」

皆さん知っている表現ばかりだと思いますが、会話でなかなかとっさに出ませんよね。

相手が言ったことに対して、反射的にこう言ったコメントが出るようになると会話がスムーズに生き生きしたものになってきます。

まだまだRejoindersは沢山あるのですが、これぐらいにしておきます。

 

次回は、これに続くもう一つのコツをご紹介しますね!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。