日本語字幕なしでも英語がわかる?初中級者向けYouTubeで動画配信中!

【アメリカ人講師が解説】「年明け」を英語で言うと?

ローラ
ローラ

Hey. How’s everybody doing? It’s Laura.

みんな元気かな?ローラです。

今日は、「年末によく聞く間違え」について説明します。

12月になると、翌月の1月にする予定を言うときに、つい”next year”を使ってしまう人がいます。

例えば、

年明けに初売りに行きます!

I’m going shopping next year on new year’s day.

年明けに歯医者に行きます。

I’m going to the dentist next year.

年明けにいとこに会いに行きます。

I’m going to see my cousin next year.

ただ、この”next year”は「年明け」という意味では使えません。

ネイティブにはそのまま「来年」と聞こえています。

日本語でも、1月にする予定を「来年は初売りに行きます。」「来年は歯医者に行きます。」

ってちょっと変ですよね?

でも、なぜか英語になると「年明け」にすることを”next year”と言ってしまう人が続出してしまいます。

繰り返しになりますが、”next year”は「年明け」という意味では使えません!

12月に「年明け」のことを話す場合、「来月」に言い換えると自然です、

I’m going to the dentist next month.

年明けに歯医者に行きます。

I’m going to see my cousin next month.

年明けにいとこに会いに行きます。

となります。

年明けの初売り…と言いたいときは、初売りは大体2日からなので、こういう表現もできます。

I’m going shopping on the day after New Year’s.

年明けは初売りに行きます!

最後に、今年最後の別れ際のあいさつですが、

よく聞く、

See you next year! また来年!

これもネイティブスピーカーは使いません。

“See you next month.”は何とか大丈夫。

See you after the holidays.

休み明けにまた会いましょう!

があいさつとしては一般的です。

別のあいさつとしては、

“Have a nice holiday”  “Happy holidays!”

クリスマスの数日前なら

“Merry Christmas!”

も使えます。

英語「を」学ぶレベルから、英語「で」学ぶレベル を目指します。

英語で科学や動物、歴史、異文化など子ども達の興味をひくトピックを英語「で」学ぶことで、英語でのコミュニケーション力や表現力を身につけていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Instagram
YouTube
Facebook
Twitter
SHARE