イノセンスプラス長町、勾当台・北四番丁校のウェブサイトはこちら

アメリカ人は自信家が多い?どう育ったのか?

presentation

プレゼンテーションや、ディベートなどで苦労をする日本人が多いことは、ニュースだったりビジネス誌などで度々目にしています。

一方でアメリカ人は(内容はともかく)自信を持って自分の考えを表現できる人が多いようです。

 

一般的には、「アメリカ人は前向きで自信家が多い」と思われているのではないでしょうか?

 

なんでこのような違いが出るのか、私なりの考えを書いてみます。

 

 

子供をたくさん褒めて自信をつける?

 

日本の両親に比べて、アメリカの親は子供をよく褒めると言われます。

 

父親からは「お前なら出来る」、「お前は才能がある、出来ると信じてるよ」「お前を誇りに思うよ」なんて日々声をかけてあげるお父さんが多いです。

お母さんからも「あなたは特別なのよ」「あなたしか出来ないわ」と自然と褒める言葉が出てきます。

 

日本ではなかなか耳にしない表現ですね。

(もちろん私も両親からこういった言葉をかけられたことはありません…)

 

こういった、承認欲求(他者から認められたい!という思い。)を満たすような言葉により、自分に自信を持っていくのだと思います。

 

日本と文化的に一番異なるのは、他人と話していても家族のことを褒めるところでしょうか。

 

日本では、

「うちの子は◯◯がだめで…」「うちの主人は◯◯してくれなくて」

(本当にそう思っているかは別として)このように謙遜する方が多いです。

 

アメリカではまず、この謙遜は言いません。

会話で、「うちの子は◯◯がだめで…」「うちの主人は◯◯してくれなくて」と日本のような感覚で話すと、

話し相手に「きっと家庭で問題があるに違いない…」なんて思われかねません。

 

ほとんどの人は、

「うちの子は◯◯で代表に選ばれた。本当に頑張ってる」「テストで高得点を取った!」「うちの夫は◯◯してくれて頼りになる」

と家族に対しても大いに褒めます。

 

小さい頃からこういった話を聞いているので、自分の存在や行動に自身を持ち、自信家に育つのかもしれません。

(ただ、日本では謙遜をすることが自然なので、悪く言われたとしても本気で取らない場合も多いですね。)

 

 

学校での違い

 

こういったこともあり、アメリカの子供たちは何に対しても自信を持って取り組みます。

一番違いが見られるのは、小学校や中学校でのクラスの様子です。

 

日本では先生が「この問題説明できる人?」と聞いて、生徒たちが手をあげるのを待ちます。

時には誰も手をあげず、その間子供たちは、先生と目を合わせないようにうつむいて…なんて私の小中学校での記憶です。

最終的には先生が、「じゃあ…◯◯くん発表して!」なんて名指しします。

 

一方、アメリカの小学校中学校では、先生が「これについて意見がある人?」なんて質問をするとみんな先を争うように手を上げます。

そして自分の考えを自信を持ってクラスメートの前で発表するのです。

そして、その意見がどんなに変なものであっても、先生はまず褒めます。

異なる意見を尊重する社会です。

 

日本では中学生を見ていると、自分の考えを発表するのを怖がっているようにすら感じられます。

(よくよく話を聞くと、皆さん素晴らしいアイティアを持っているんですけどね。)

 

 

結局自信家のほうがいいのか?

 

どちらがいいのかはわかりませんが、今後、日本の人口減少もあり、国際的な流動性が高まるのは明らかです。

仕事や生活上のチャンスを求めて海外に行ったり、海外から外国人が働きに来ることも増えるでしょう。

 

自分と異なる意見を尊重しながら議論する力、自分の考えを表現する能力というのは重要なスキルになってくると感じます。

 

それと同時に、自分から発信する内容の質も重要です。

(ここは日本人も負けてないです。発言する前に内省することが多いからでしょうか。)

 

両方できることを目指していきたいですね!

 

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。