イノセンスプラス長町、勾当台・北四番丁校のウェブサイトはこちら

”can”の訳し方

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

皆さんこんにちは!

 

夏休みの宿題として、Kids&Momsクラスに

ご参加のお母様、お父様には

Progress Reportの翻訳をお願いしました。

皆さんとてもうまく訳せていましたよ!!

 

今回は、その中でも多く出ていた

“can”の訳し方について

皆さんにお伝えしたいと思います。

 

 

まずは、canの意味ですが、

“〜することが出来る”

が基本的な意味です。

 

例えば、クラスでもよく例として出ますが、

Can you fly?

(空を飛べる?)

-No, I can’t.

(飛べないよ。)

 

Can you swim?

(泳げる?)

-Yes, I can.

(泳げるよ。)

 

のような訳となりますね。

 

 

また、疑問文で使われる場合は、

Can I borrow this book?

(この本を借りてもいいですか。)

-Sure!

(もちろん!)

 

Can you pass me the salt?

(塩を取ってくれますか。)

-Here you go.

(どうぞ。)

などのように、”〜してもいい?

〜してくれる?”の訳になります。

 

 

ただ、Progress Reportで多くの方が

目にしたと思いますが、

 

” I can tell 〜 “ 

” I can see 〜 “

 

の場合は、異なる訳し方が出来ます。

 

 

例えば、

I can tell (that) you are studying at home.

 

I can see (that) you are trying hard to study with her at home.

 

この様な文章の場合は

 

(見て)分かる、気付く

 

という意味になります。

 

 

なので、上の例文だと、

I can tell (that) you are studying at home.

(お家でも学習していることがわかる。)

 

I can see (that) you are trying hard to study at home.

(お家でも学習しようとしていることがわかる。)

 

と訳すことが出来ます。

 

また、会話としても使われ、

 

He’s angry.

(彼、怒ってる)

-I can tell.

(見れば分かるよ。)

 

と訳すことが出来ます。

 

 

今回は、この場合の”can”を

うまく訳せていない方が多く見られたので

紹介してみました。

 

次回は、shouldの訳し方を

紹介したいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。