私のオンライン英会話スクールができました!詳細はこちら

“get to~” ってどうやって使うの?

https://sendai-eigo.com/nagamachi-eikaiwa/wp-content/uploads/2019/11/Screen-Shot-2019-11-21-at-11.44.09.jpg
ローラ

Hey. How’s everybody doing? It’s Laura.

みんな元気かな?ローラです。

“get to do”で、(そういう機会があり)〜することができる。

という意味になります。

I went to NY. I got to see the Statue of Liberty.

ニューヨークに行きました。自由の女神を見ることができました。

この例文では、「ニューヨークに行く機会があった事で、自由の女神を見ることができた」というタイミングに恵まれていたニュアンスが含まれています。

I took two weeks off of work. I got to spend a lot of time with my family.

私は2週間、仕事の休みを取りました。家族と多くの時間を過ごすことができました。

こちらの例文でも、「仕事の休みを2週間も取れる機会があった事で、家族と一緒に多くの時間を過ごすことができた」という、ポジティブなニュアンスが伝わってきます。

ここで、「そっか!〜することができる=”Can” と同じだ!」と思った方もいるかもしれません。

日本語の意味としては同じに聞こえますが、ニュアンスが全く違います!

皆さんもよくご存知の “Can”(〜することができる)は、”〜できる能力がある”という時に使います。

John can ski.(ジョンはスキーができるよ)

今回の “got to do” では、

・機会やタイミングに恵まれて、ラッキーなことに〜することができた。

・特別な許可をもらえたので、ラッキーなことに〜することができた。

というポジティブなニュアンスがあり、過去のことを言う時に使われます。

現在形のget to doは未来のことを表現する

では現在形の”get to do”を使うとどのようなニュアンスになるでしょうか?

「現在形なんだから今のこと?」

と多くの人は思うかもしれませんね。

We get to go to Spain next month.

来月(何らかのチャンスを得て)スペインに行けます!

We get to relax tomorrow.

明日はくつろげる…。

(仕事が忙しい日々が続き、たまたま休みが取れた時など)

私のオンラインスクールのご案内

NeWorld English(ニューワールドイングリッシュ)

レッスン中、今までより自信を持って話せるようになった!

と好評です。

私のスクールの特徴
  • Flipped Learning (反転授業) を取り入れた新しい学習スタイル
  • レッスンの内容を動画で予習復習
  • 学習者のオンラインコミュニティで学び合う
今までのオンラインでの英語学習の悩み
  • 学習はレッスン中のみ、学習内容もよくわからず終わってしまう
  • 予習復習もあまりない、レッスンを受けた後すぐ忘れてしまう
  • レッスン回数は多いがなかなか身につかない

動画でインプット+レッスンでアウトプット

この組み合わせで今まで以上に効果的な英語学習が可能になります。

無料体験レッスン実施中

レッスン1回(60ポイント)+40ポイントを今ならプレゼント🎁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です