イノセンスプラス長町、上杉・北四番丁校のウェブサイトはこちら

until【〜まで】はいつまでを含むの??

Hey. How’s everybody doing? It’s Laura.

みんな元気かな?ローラです。

今日は、Twitter上で議論になっていた、「”until”はどの期間まで含むか?」ということについて説明したいと思います。

“until A”の基本的な意味

私は正午まで(ずっと)テニスをしました。

このように”until A”は「Aまで」を表す前置詞でしたね。

ある時点まで何かが続いて起こっていた

という意味で使われます。

 

「正午」のように短い期間(正午は一瞬です)がAに入ると特に問題のない”until”ですが、

少し幅のある、

  • 「金曜日まで」
  • 「昨日の夜まで」
  • 「2012年まで」
  • 「高校生まで」

が”until A”のAに入る時はどうなるでしょうか?

指定する期限が長い時の”until”はどこまでを含むの?

 

さっそく、例文を見ていきましょう!

The cafe was open until Friday.

そのカフェは金曜日まで開いていた。(金曜は含まれる)

The cafe was open until Friday. ですが、金曜のある時点まで店が開いていることを説明していますが、店の開店時間は通常は日々一緒です。

なので、通常は「金曜の営業時間通り、閉店まで開いていた」と理解されます。

 

一方で、

I had to study for the test until last night.

テストのために昨晩まで勉強しなくてはならなかった。(昨日の夜も勉強した)

こちらの例文ですが、いつまでかははっきりわかりませんが昨晩のある時点まで学習が続いています。

図のように、「昨晩の」中頃かもしれませんし、夜から朝に変わる直前まで勉強していたかもしれませんね。

このように、”until A”のAに入る期間が長いと、状況によりいつまでかを推測することになります。

否定文の“until”はどこまでを含むの?

では否定文になると何か変わるでしょうか?

The cafe wasn’t open until Friday.

そのカフェは木曜まで開いていなかった。

図のように、金曜は含まれず、金曜にはカフェが営業しています。

 

もう一つ例を出します。

I didn’t have to call my mom until last night.

昨日の夜まで母に電話する必要はなかった。(昨日の夜は含まれない。)

夜に母親に電話をする必要性が出た。それまでは、電話をする必要がなかった。

ということですね。

 

このように、否定文では”until A”のAが指定する期間は通常含みません

含まれる期間が変わる例外:unavailability

(中上級者向けの内容です!初心者の方は読み飛ばしても大丈夫です!)

紛らわしいのが、肯定文でも話し手が「利用できないか、自由がない、手が空いていない」など“unavailability”について話す時、”until A”のAを含まなくなります。

最初に出した例、

The cafe was open until Friday.

そのカフェは金曜日まで開いていた。

では、図のように金曜もカフェの開店日に含まれていました

しかし、closeを使って「利用できない期間」について話す時は、

The cafe will be closed until Friday.

そのカフェは木曜一杯閉まっている。(金曜は閉店期間に含まれず、金曜から営業)

なんと金曜日が含まれないのです。

先ほど紹介した例文(The cafe was open until Friday.)の否定文を見てみると、

The cafe wasn’t open until Friday.

そのカフェは木曜まで閉まっていた。(金曜は含まれない。金曜は営業している。)

そうですね、”until A”の文の否定文は、Aを含まなかったんでしたね。

closedを使った文と同様に、until 以降の期日(期間)が含まれていませんね。

 

このように、

話し手が「利用できない、自由がない、手が空いていない」など“unavailability”について話す時は”until A”のAという期間を含まず、通常のuntilを使った肯定文と異なります。

 

もう一つ例を挙げてみます。

I’m unavailable until Friday.
私は木曜まで時間がありません。(金曜は自由に動けます)

肯定文ですが、このように”until A”のAの部分を含まなくなってしまいました。

 

“until A”のAをもっと長くすると… 1

 

では”until A”のA期間をもっと長くしてみるとどのような感覚になるでしょうか?

I studied French until 2012.

2012年までフランス語を学んでいた。(2012年のどこかのタイミングでやめている)

I didn’t start studying French until 2012.

2012年までフランス語の学習を開始していなかった。(2011年の終わりまでは確実に学習を開始していない。)

ここまでは、 “until A” のAに曜日が来ていた時と同じ考え方で良さそうですね。

“until A”のAをもっと長くすると… 2

 

ここからが問題です。

I played tennis until high school.

高校に入学するまでテニスをしていた。

この文は、「高校に入学したタイミングでテニスをやめている」

という意味でとらえる人が多いです。(100%ではありません。)

今までの肯定文の”until”の説明と違う!と思ってしまいますよね…。

 

通常高校に進学すると、そのタイミングで生活が変わることが多いので、

「高校生活のどこかで」というよりは、「入学のタイミングで」テニスをやめた

と自然と推測します。

ただし、今まで紹介してきた肯定文の”until”同様に、「高校生の間のどこかまで続いていた可能性」もあります。

「え、結局いつまでやっていたの?」

と聞かれるような状況、高校入学と同時にやめたことをしっかり伝えたい場合は、以下のような表現を使います。

I played tennis until I started high school.

高校生になるまでテニスをしていた。(高校生活を始めたタイミングでテニスをやめた)

この方が親切ですね。

 

I played tennis until high school.

こちらの表現ももちろん使われますが、あまり「どのタイミングまでテニスをしていたかあまり気にしない」会話で使われます。

日本語でもありますよね。

「高校生あたりまでテニスをしてました。」

これは、入学時点ですぐやめているかもしれませんし、卒業近くまで続けていたかもしれません。

はっきりと伝えたい時は、「高校に入学した時までテニスをしていました。」というはずです。

 

では、「高校生から14歳」に変更した場合、どのように意味が変わるでしょうか?

I played tennis until I was 14.

14歳のどこかのタイミングまでテニスをしていました。

このように、until high school よりもあいまいになります。

先ほど、

「通常高校に進学すると、生活が変わることが多いので自然と入学のタイミングまでと理解する」

と説明しましたが、「14歳」という歳にはそういった概念がないので、14歳の間どのタイミングでもこの「まで」が起こる可能性があります。

他に、

I went skiing every year until 2012.

2012年の冬まで毎年スキーに行っていました。

こちらもスキーをするのは雪のある冬ですから、自然と2012年の冬まではスキーをしていたのだと聞き手は考えます。

文脈や背景により含まれる期間が変化するのですね。

Appleは”until Friday 12th”をどう判断する??

私のスクールでは、ラップトップはMacを使っています。

「memo」というメモアプリは、自動で日程に関する内容を直接カレンダーに表示できます。

until Friday 12th をカレンダーで表示してみましょう。

下の画像のように、「12日金曜が終日含まれた」スケジュールが表示されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。