便利な表現 未分類 間違えやすい英語

「明らかに・はっきりと・明白に」は英語で?-2

更新日:

restaurant

今日は前回の「明らかに・はっきりと・明白に」という表現の続きです。
前回説明した"obviously"の他に、よく使われる表現を紹介します。

 

(厳密に言うと下で紹介する単語は、obviouslyとニュアンスが異なります。これは最後に説明します。)
definitely 疑いの余地がないほど明らかなこと

A: Are you going to the party this weekend?
B: Yeah, I'm definitely going.
A: 週末のパーティー行く?
B: うん、もちろん行くよ。(行くことが明らか)

 

A: How did you do on the math test?
B: I definitely failed.
A: 数学のテストどうだった?
B: 全然ダメだった。(明らかに落第点だ)

 

 

clearly  はっきりしていて明らかなこと

Why did Bob come into work today? He is clearly not feeling well.
なんでBobは今日仕事に来たんだろう。明らかに体調悪そうなのに。

 

 

Clearly my next student isn't coming, so I'm gonna go to DAISO and get some snacks.
明らかに次の生徒さんが来ないみたい、DAISOに行っておやつ買ってこよう。

(こんなこと、したことないですよ)

 

 

definitelyは、客観的な事実、自分の意志などから確信していること

clearlyは自分が観察して得られた情報から確信している時

に使います。

ちなみに、definitelyの方が会話では聞く機会が多いです。

 

 

前回説明したobviouslyですが、definitelyとの違いがあります。

definitelyはほぼ100%確信しています。客観的事実や自分が確実だと思っていることに使います。

obviouslyは、これに追加して、相手を少し下に見るようなニュアンスを感じられます。(そんなこと明らかだよ。なんで分からないの?)

わかりづらいと思いますので例文をあげてみます。

 

It's snowing a lot! It's definitely cold out there.

雪がたくさん降ってる!外は寒いに違いない。(外が寒いのは明らかだ。)

 

It's snowing a lot! It's obviously cold out there. Why are you wearing a T-shirt?

雪がたくさん降ってる!外は明らかに寒いよね。なんでTシャツなんか着てるの?

 

 

It is definitely an expensive restaurant. There is a sommelier.

それは明らかに高級なレストランだ。ソムリエがいる。

 

This is obviously an expensive restaurant. Why did you pick this place?

これは明らかに高級レストランだ。なんでここを選んだの?(お金ないって知ってるよね?)

 

いかがですか?

なんとなく違いがわかりますか?

同じ意味だと思って、obviouslyを使い過ぎると、ちょっと嫌がられてしまうかもしれませんよね。

「そんなの明らかだよ、はっきりしてるよ(なぜわからないの?)」こんなニュアンスがありますので、使うときは気をつけましょう!!

 

※当ブログはアメリカ人の英語講師が監修しています

覚えたフレーズはすぐにレッスンで使ってみましょう!

仙台市太白区長町の英会話スクール イノセンスプラス

 

-便利な表現, 未分類, 間違えやすい英語
-, ,

Copyright© 仙台の英会話イノセンスプラス |長町|上杉|勾当台 , 2018 AllRights Reserved.