私のオンライン英会話スクールができました!詳細はこちら

【間違いやすい英語表現】Pretty? Cute?|“かわいい”英語の使い分け

「そのネックレス可愛い!」は“Pretty”?“Cute”?

こんにちは!

 

今回の“English Lessons with Laura”は

【間違いやすい英語表現】について解説します☆

 

多くの日本人が、英語で「かわいい」というときに

“Cute”

を使っていますが、ネイティブからすると“??”と感じることもあります。

 

「かわいい」の対象によっては“Pretty”の方が適切かもしれません。

今回は“Pretty”と“Cute”の使い分けについて練習しましょう!

 

今回のレッスン動画の見所!

“Cute”を使うのはどんな場合?

“Cute”は「赤ちゃん」「子猫」など、

無垢なものや、丸くてふわふわした感じのモノに使われることが多く、

大人の女性に対しては“Pretty”が使われるのが多いですね。

 

もちろん“Cute”でも“Pretty”でも、どちらでもOKな場合もあります。

動画ではいろんな「かわいい」写真が出てきますので、

“Pretty”かな?“Cute”かな?

と一緒に考えてみましょう!

チャンネルのご案内|English Lessons with Laura

英会話スクールのオーナーLauraが、
自然な英語表現や、文法・語彙などをご紹介する
YouTubeチャンネルのご案内です。

【English Lessons with Laura】

英語の学習を初めて2年目以上の子供たちや初心者の成人を想定して動画を作成しています。

今後も動画の数を増やしていきますので、ぜひ登録をお願いします!

登録していただくと、新しい動画がアップされた際に通知が来るので便利です!

 

Lauraの英語学習YouTubeチャンネル

仙台の英会話 Innocence Plus English School

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。